[PR] アクセスカウンタ 忍者ブログ

(介護付)老人ホーム、介護施設で暮らす

介護付き老人ホーム、その他老人ホーム、介護施設などの紹介。
年齢を重ねても、自分らしい生き方をしたい。
そのために、自分に合った老人ホームを探しましょう。

[PR]

2017/07/24(Mon)11:39

スポンサードリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Trackback

リバースモーゲージ 有料老人ホームも夢じゃない?

2006/08/01(Tue)19:00

スポンサードリンク

リバースモーゲージとは、自宅などの不動産を担保にして、
お金を借り、それを老後の生活資金や借り換え住宅の資金にし、
返済は、死後、その不動産を売却して行うという金融商品のこと。

アメリカではかなり普及していて、その波は日本にも押し寄せている。


日本でリバースモーゲージが導入されたのは、81年東京都武蔵野市。
しかし、この時は、バブルがはじけ、地価が下落し
自宅などの担保価値が下がりリスクが増えたことなどで
利用する人は少なかった。


最近になって、また地価が落ち着きを取り戻したため、
各金融機関等が、さまざまなタイプの商品を発売している。

その中には、
今までのリバースモーゲージの対象に、
老人ホームの入居一時金を加えるといったものから、
住み替え型といって、本人は老人ホーム等で暮らし、
持ち家は賃貸物件になるといったもの等がある。

また、最近では、有料老人ホームと金融機関が提携して
リバースモーゲージを行うところもある。


このようなものだと、自宅はあってもお金がないという人が、
自宅を手放さずに老人ホームに入居できるというメリットがある。

それに加えて、老人ホームに入居後も自宅は残るため、
正月等は自宅に戻ることができ、
もし、老人ホームに馴染めなかったとしても、
我慢せず、退去することができる。


ただし、リスクもあり、前述のような地価の下落、
金利上昇時に担保割れを引き起こすこと等が挙げられる。


老後革命 リバース・モーゲージ―高齢社会での「家」資産の生かし方老後革命 リバース・モーゲージ―高齢社会での「家」資産の生かし方
喜多村 悦史
アース工房 刊
発売日 2005-08




さらに詳しい情報はコチラ≫






『(介護付)老人ホーム、介護施設で暮らす』のトップへ
PR

目次Trackback(0)

Trackback

URL :