[PR] アクセスカウンタ 忍者ブログ

(介護付)老人ホーム、介護施設で暮らす

介護付き老人ホーム、その他老人ホーム、介護施設などの紹介。
年齢を重ねても、自分らしい生き方をしたい。
そのために、自分に合った老人ホームを探しましょう。
スポンサードリンク

[PR]

2017/07/24(Mon)11:34

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Trackback

ケア付住宅

2006/05/28(Sun)22:00

高齢者や身体障害者が安心して生活できるように、
設備や構造が工夫され、緊急時に対応するシステムや
必要な場合の介護などのサービスを備えている集合住宅を言う。
欧米ではよく見られる居住形態である。

この住宅は次の特徴がある。
・バリアフリーであり、住宅内の設備構造が、
 高齢者の身体的特徴に焦点を合わせたつくりになっている。
・居室、寝室、台所、風呂、トイレ等に
 アラームシステムがセットされ、
 管理人室の通報装置と繋がっている。
・管理人がケア付住宅内に24時間体制で配置されている。

この管理人の役割は、入居者と親交を深めるとともに、
①住宅内外の管理、②入居者の看視、
③入居者への一般的援助、④臨時的な身体面のケア、個別相談、
⑤服用薬の管理指導、⑥外部の保健福祉サービス諸機関との連絡
が主要な業務とされる。
その結果、管理人と地域の保健医療、
福祉機関による全面的なバックアップ体制が確立され、
緊急時の医療サービスやソーシャルワーカーのサービス、
日常的各種ケアサービスが提供される。

欧米諸国では、1970年代から
ケア付き住宅が施設と一般住宅との
中間形態の生活を可能とする住居として
急速に整備されてきている。

このように施設が「家」の形態に
より近くなってきた背景には、
今までの老人ホームが様々な弊害
(プライバシーの欠如、一般社会からの孤立など)
を生み出してきたことの反省があるといえる。



これこそ欲しい介護サービス!―安心できるケア付き住宅を求めてこれこそ欲しい介護サービス!―安心できるケア付き住宅を求めて
浅川 澄一
日本経済新聞社 刊
発売日 2006-03




さらに詳しい情報はコチラ≫






『老人ホーム、介護施設で暮らす』のトップへ

PR

ケア付住宅Trackback(0)